2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年03月29日

新しい本の形!本の絵柄をマーカーにした3DAR(拡張現実)本「digilog 3-D technology for books」

様々なシーンで活用され始めてきているAR(拡張現実)。最近では広告での事例をDesignworksでも数多く紹介してきましたが、今回紹介するのは本にプリントされている絵柄自体を読み取って、そこにアニメーションやオブジェクトをオーバーレイする「digilog 3-D technology for books」です。

arbooks.jpg

よく見かけるマーカーを使わずに、いま現在流通している普通の本をベースに展開しているため、WEBカムで読み込めばアニメーションを展開する最新に本にもなれば普通に見ていくこともできます。実際に動作しているシーンがYouTubeに公開されていましたので下記に貼りつけておきます。

動画は以下から



広告や企業プロモーションにも使えそうですが、教育などにも応用できそう。

まだまだ敷居も高いですし、アニメーションや3Dオブジェクトを連携させるには手間とお金がかかりそうですが、近い将来、ウェアラブルの端末を身につけて、アニメーションが展開する教科書を片手に勉強するなんてことが、もしかしたらあり得るのかもしれませんね。

digilog 3-D technology for books

関連記事
ノートPCの加速度センサー繋いで世界の地震計を作る「the Quake-Catcher Network」
視覚障害のある方向けの携帯アプリケーション「Real Time Object, OCR, Landmark, & Tag Recognition with Accessible Interface」
がんばる女性を応援したい CHIFUREスペシャルサイト「SAVE WOMAN」
インテリアコーディネートを自在に楽しめる 無印良品「家具・インテリアシュミレーター」
HotDog Press WEB版でOYAJI Hot-Dog Press として期間限定復活!
posted by admin at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック