2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年04月15日

日常に溢れるものをアイデアでアートに「河地貢士 koshikawachi 」

日常にありふれているものでも見せ方や、アイデア次第で面白くなる。そんなことを再認識させてくれるようなアートを展開しているのが、今回紹介するアーティスト「河地貢士 koshikawachi」。

artumaibou_01.jpg
“うまい仏” 2008“Tasty Buddha”φ25mm×h120mm

例えば上記は定番の駄菓子うまい棒で作ったアート作品「うまい仏」。うまい棒の表面を削って様々な仏様をつくるというプロジェクトです。彼はその他にも漫画だったりポテトチップスだったり、生活の中に存在し、その中でもより身近で誰もが手にするものをうまく使って、様々なアートプロジェクトを展開しています。今回はその中から幾つか気にあったものを紹介したいと思います。

詳しくは以下

“まんが農業” 2009 “MANGA Farming”
漫画を苗床に、野菜を栽培。

artumaibou_02.jpg




Top of the world~ポテ拓~ « koshikawachi
ポテトチップス1袋分の中で一番大きなものを、魚拓ならぬポテ拓にとる作品。

artumaibou_03.jpg




“デコレジ袋” 2007 “Decoration Shopping Bag”
スーパーの袋にデコレート。

artumaibou_04.jpg
 
 
上記のほかにも様々な作品が公開されており、プロジェクト一覧は「Gallery « koshikawachi」から見ることができます。

koshikawachi

関連記事
あの大ヒット映画のポスターをまったく違うクリエイティブで表現「Retro games with modern themes」
クリエイティブの力でハイチを支援する「Halti Poster Project」
汚い水は人を殺める事実を伝えるウォータースクリーン「Solidarité」
様々なアーティストのアートプリント購入できる「Urban Outfitters」 様々なアーティストのアートプリント購入できる「Urban Outfitters」
学校そのもので奏でる音楽「Empty School」
posted by admin at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック