2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年04月15日

未来の都市を想像させるプロジェクション都市モデル「Envision: Step Into The Sensory Box」

建物をスクリーンにして光で様々な質感を表現したり、陰影を表現して目の錯覚を利用して建築物の外観を変えてしまうプロジェクション。今は一部のアートプロジェクトやプロモーションで用いられていますが、今日紹介するのはそんなプロジェクションを使った、未来の都市モデル「Envision: Step Into The Sensory Box」を紹介したいと思います。

toshi_rannner.jpg

部屋の片隅にキューブを並べてビルのように店、そこに対してプロジェクションを展開しています。実際の映像がvimeoに公開されていましたので、下記に貼りつけておきますのでご覧ください。

詳しくは以下

ENVISION : Step into the sensory box from SUPERBIEN on Vimeo.



光が都市に様々な表情を与えていき、最後はよく見かけるような都市の夜の風景に戻ります。

元表は部屋の一角に設置された、空間を都市に見立てたミニチュアによる表現ですが、実際の都市で展開するなんて事も近い将来起こりうるしれないですね。スクリーンが都市なので、早々と実現するものでは有りませんが、たとえばオリンピックなど国家的なプロジェクトであれば有りうるものではないでしょうか?

Envision: Step Into The Sensory Box - Simplicity in form with dimensional color to create the sublime.. | CreativeApplications.Net

関連記事
日常に溢れるものをアイデアでアートに「河地貢士 koshikawachi 」
あの大ヒット映画のポスターをまったく違うクリエイティブで表現「Retro games with modern themes」
クリエイティブの力でハイチを支援する「Halti Poster Project」
汚い水は人を殺める事実を伝えるウォータースクリーン「Solidarité」
様々なアーティストのアートプリント購入できる「Urban Outfitters」 様々なアーティストのアートプリント購入できる「Urban Outfitters」


posted by admin at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。