2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年04月19日

ワイヤーフレームで創られた巨大エアマックス1「Nike Sneaker Wireframe Sculpture」

CGの世界をそのまま現実世界で表現したようなワイヤーフレームアート。実態は詳細に作られているのに現実感がないようなそんな不思議な空間を表現出来ますが、今回紹介するのはワイヤーフレームで制作された巨大エアマックス1「Nike Sneaker Wireframe Sculpture」。

designnike01.jpg

その大きさはかなり巨大で全長3.5メートルにも及ぶそうです。上記の写真を見ていただければ、その巨大さがわかると思います。制作にはおよそ2ヶ月間かかったそうで、ロゴなどの細かな部分もキチンと表現されています。すべて鉄のワイヤーを曲げて作り上げたとのことです。制作風景がいくつか公開されていましたので下記に紹介したいと思います。

詳しくは以下

designnike02.jpg

designnike03.jpg

designnike04.jpg


制作をしたのは英国のアーティスト「Benedict Radcliffe 」。彼に対してのインターネットが「GIANT AIR MAX (BENEDICT RADCLIFFE) - Articles - Sneaker Freaker Magazine」という記事で公開されていて、制作に関して、思いに関して様々な質疑応答がまとめられています。興味のある方はそちらもどうぞ。

Nike Sneaker Wireframe Sculpture

関連記事
クリエイティブを自由自在にAdobe CS5のプロモーションビデオ「Production Premium 5」
未来の都市を想像させるプロジェクション都市モデル「Envision: Step Into The Sensory Box」
日常に溢れるものをアイデアでアートに「河地貢士 koshikawachi 」
あの大ヒット映画のポスターをまったく違うクリエイティブで表現「Retro games with modern themes」
クリエイティブの力でハイチを支援する「Halti Poster Project」
汚い水は人を殺める事実を伝えるウォータースクリーン「Solidarité」
posted by admin at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック