2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年04月23日

与えることで環境は変わる「GRAFFOMAT」

街角の一部でよく見るグラフィティアート。カラフルで様々なアートが展開されていますが、グラフィティを描くときに欠かせないものの一つがスプレー缶。今日紹介するのはそんなスプレー缶専用の自動販売機「GRAFFOMAT」を紹介したいと思います。

grafmart.jpg

通常の自動販売機とまったく同じ仕組で、お金をいれて、ボタンをおしてスプレー缶を選んで買うようになっています。プロモーションビデオがYouTubeにて公開されていましたので下記に貼りつけておきます。

動画は以下から



グラフィティーアーティストにとってはかなり便利な自動販売機なのではないでしょうか?グラフィティを推奨しているような都市、地域であればグラフィティの振興にもなるのでいいのかもしれませんが、影響力は強そうなので、設置する場所については、街などと協議が必要になるかもしれませんね。

供給する場所があって、手軽にそれが手に入るのであれば、求めている人が集まってきて、それを使う。単純な仕組みですが、自動販売機一つで、ここまで周辺が変わるのであれば、このアイデアは何をどんな形で、設置し与えるかを良く考えれば、もしかしたら社会貢献活動なんかでも活かせるのかもしれません。

GRAFFOMAT

関連記事
ARで変わる建築業界。ARで建築模型を創るプラグイン「ARmedia Plugin for Autodesk 3dsMax 」
コニカミノルタ スペシャルコンテンツ「三浦しをんweb小説」
AR(拡張現実)×窓で好きなところ住む「WinScape」
イラストレーションで描き出す 資生堂「ANNESSA」ブランドサイト
ANESSA×UNIQLO「UV CUT CARDIGAN」スペシャルサイト公開


posted by admin at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。