2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年04月29日

毛並みまで表現するグラフィティアート「Metropolis Wild Graffiti」

ペンキやスプレーで描くのがグラフィティアートの王道ですが、なかには全く違う形で表現する人アーティストもいます。今回紹介するのは動物の毛並みまで表現するグラフィティアート「Metropolis Wild Graffiti」です。

kuma.jpg

通常の平面で描かれるシルエットとは異なり、その動物そのままではないにしろ、その動物の形に近い色や質感の毛並みを使っており、リアリティを感じさせてくれます。作品の制作風景などをまとめたムービーがbabelgumで公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から



こちらの作品は環境破壊に抗議するいみもこめられており、動物たちを表現している毛並みは毛皮のコートを使って制作されているそうです。上記のムービーに登場している意外にも様々な作品が公開されており、平面だけではなく、使った立体的なものもあるみたいです。

こちらを制作したのは老人のマスクをかぶる女性の二人組のストリートアーティストNeoZoon。彼女らのその他の作品は「Neozoon」から見ることができます。興味や共感を感じた人は是非公式サイトもどうぞ。

Neozoon

関連記事
ピタゴラスイッチを思わせるスマートフォンドミノムービー「Smartphone Domino Machine」
植物の生命を感じさせる動画作品「BBC Life 09 - PLANTS are BADASS 」
与えることで環境は変わる「GRAFFOMAT」
ARで変わる建築業界。ARで建築模型を創るプラグイン「ARmedia Plugin for Autodesk 3dsMax 」
コニカミノルタ スペシャルコンテンツ「三浦しをんweb小説」


posted by admin at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。