2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年05月04日

インタラクティブに反応するプロジェクション「Nokia Ovi Maps - Interactive Projection Mapping」

建築物にプロジェクターに光を映し出し、その陰影で建物自体が変化しているように見せるプロジェクション。様々なアートプロジェクトに利用されていますが、今日紹介する「Nokia Ovi Maps - Interactive Projection Mapping」はプロジェクションを使ったNokiaのサービス OviMapの促進プロモーションとして行われたものです。

projectionm.jpg

「Nokia Ovi Maps - Interactive Projection Mapping」はただ建物に映像を写して変化を楽しむだけではなくて、インタラクティブ性を持たせており、建物の前の人の動きを読み取り、反応するようになっています。実際の動画がvimeoにて公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

Nokia Ovi Maps - Interactive Projection Mapping from seeper on Vimeo.



人の動きに合わせて標識や、矢印が映し出されるようになっています。遅延も無くリアルタイムに読み取られ、細かな動きにも反応するみたいです。

国内ではまだあまり見かけませんが、プロジェクションもただ見るだけではなくて、インタラクティブ性を取り入れることで、今後も広告に利用されていきそうな気がします。

関連記事
人生をワンカットに収めたライフムービー「John Lewis our lifelong commitment to you」
映像をリアルタイムに合成することで、臨場感のある訴求をする映像広告「Billboard Sucks You Into the Scene of a Violent Crime - Augmented reality billboard 」
水の美しさを極限まで見せる映像を作り出す「Biwa inc」
写真の上にイラストレーションを重ねた「Pencil vs Camera」
毛並みまで表現するグラフィティアート「Metropolis Wild Graffiti」
posted by admin at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック