2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年05月11日

サインペンで描いて奏でる新しい仕組みのサウンドプロジェクト「Color a Sound」

デジタル機器を活かして様々なサウンドプロジェクトが公開されていますが、今回紹介するのはサインペンで書いた色が音に変換される色で音楽を作る「Color a Sound」というプロジェクト。

colorsound.jpg

オルゴールのように、一定のラインの色を読み取り、それを予め登録した音に変換してならすというものです。実際その仕組を使って音楽を奏でている動画がvimeoに公開されていますので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

Color a Sound from blair neal on Vimeo.



音によって登録されている音が違うみたいで、オルゴールのような音もあれば、ドラムのような音もあります。どんな形状でも色を認識すれば音を鳴らすみたいで、線、点、面になど描いてある図形に応じて音を奏でます。

開発中の動画もいくつか公開されていましたので、合わせて貼りつけておきます。


Color a sound from blair neal on Vimeo.




Color a Sound - Early development pt2 from blair neal on Vimeo.




作り自体は非常にシンプルで、透明なフィルムを両サイドで巻き取れるように、作られており、最新の技術と、アナログを見事に融合させた面白い作品。

Color a Sound on Vimeo

関連記事
ホームセンターにある素材で素敵な家具を作ろう!「Recession Design」
街の軌跡で描くパブリックアート「Art Attack Colorful chaos.」
音とモノで遊ぶ「FINE COLLECTION OF CURIOUS SOUND OBJECTS」
新しい形の家族をテーマにした写真集「Family Stuff」
人間の骨で反戦を訴えるアート「Human Bones Used to Make Art」


posted by admin at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。