2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年05月22日

生まれた瞬間運命は決まっている…「Child Hope」

運命は決まっていない、努力次第でどうにでも未来は切り開いていける。多くのチャンスに囲まれながら過ごせるのは当たり前ではない現実もあります。今日紹介するのはフィリピンの子どもたちの実情を伝えるための広告「Child Hope」です。

hopec.jpg

実際の動画がYouTubeにアップロードされていましたので下記に貼りつけておきます。

動画は以下から



生まれたての子どもたちの前でくるくると回る番号が書かれたボール。そのボールは順番に子ども達に割り当てられていきます。そしてその番号にしたがって、その子どもの人生がレシートのようなもので印字されるといもの。このテレビCMでは生まれながらにして、すでにどうしようもない、努力では変えようの無い環境に生まれてしまう子どもたちがいると言うことを伝えています。

坦々と行われる世界観が嘆きを強調しているようにも感じます。自分には何かできることがあるのだろうか?と考えさせられる突きつけられた現実のような広告。

関連記事
缶飲料そのものを使ってPRする飲料広告「HOW TO HANDLE IRANIAN BEER」
腕時計をARで試着できる「Tissot Reality」
マウスと連動して動く、トヨタ iQプロジェクト「Toyota iQ 'Nimble as a mouse' campaign 」
アナログで見せるストーリー「UP THERE」
枠組みから飛び出した女性にたいしての暴力に現場を広告を使って表現した「 Domestic violence made visible on the streets」
posted by admin at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック