2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年05月25日

スペースシャトルの組み立てから発射までを4分で「Time-Lapse Of Shuttle Launch」

NASAのスペースシャトル「ディスカバリー号」。日本からも宇宙飛行士 山崎直子さんが搭乗し日本でも大きく話題を集めましたが、そのディスカバリー号の組み立てから、発射までを4分間のタイムラプス動画にまとめたショートムービーが今回紹介する「Time-Lapse Of Shuttle Launch」です。

shuttle-timelapse.jpg

撮影にはおよそ100時間と補正に1週間かけた大作で撮影はデジタル一眼のcanon 5D MarkUとのことです。精密な描写と、ダイナミックに宇宙に飛び立っていく様子が一つの動画に表現されていて引き込まれるものがあります。実際の動画が公開されていましたので下記に貼りつけておきます。

動画は以下から


※広告が最初に流れます。

ディスカバリー号は1984年の初フライトから上記動画に収録されているSTS-131で38回目の帰還ちということで、今年9月のSTS-133で、スペースシャトルミッションの最後を飾るそうです。是非最終となる次回も無事帰還し有終の美を飾って欲しいですね。

Eye Candy: Time-Lapse Of Shuttle Launch

関連記事
半透明のビーズで創られたスタートレックのスカルプチャー「Amazing Star Trek Sculpture At Microsof」
実際のものでスケジュール管理する積み木型の管理ツール「daily stack」
街を舞台にした大規模なインスタレーションアート「Ants In The City Of Drachten.」
センサーで物を読み取り、メディアをコントロールできる新しいリモコン「SKAL」
紙飛行機をテーマにしたアートプロジェクト「i fly like paper get high like planes」
posted by admin at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック