2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年05月28日

もし車がなかったら、車だけが世界から消えた映像作品「Running on Empty」

生活の中で欠かせないものの一つ自動車。様々な国で主要な移動手段の一つのとして多くの方に利用されています。街にでれば自動車を見かけ無い日はないですし、都市圏では常に車が走っています。今日紹介するのは現状の道路などはそのままにもしも車だけがなくなってしまったらという世界を描いた動画作品「Running on Empty」を紹介したいと思います。

scsc.jpg

昔にもどるというわけではなく。現状車のためのインフラは残しながらも車だけを消し去っています。実際の動画がvimeoに公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

Running on Empty from Ross Ching on Vimeo.



動画はタイムラプスになっており、一定の期間、車が通らない光景というわけではなく、延々と続く時間を映しながらも、車が一台も通らず、世界から車だけが消えた。そんな世界観を再現しています。

こちらは道路の部分だけ車が通らないタイミングで撮影、その静止画で動画にマスクがかけられているみたいです。動画を見る限りは何ら違和感がありませんね。メイキング的なものが「ross:ching » Running on Empty」に公開されていましたので気になった方は是非どうぞ。

Running on Empty on Vimeo

関連記事
アートの力を一つの色で広げるプロジェクト「Arcoiris nómada」
スペースシャトルの組み立てから発射までを4分で「Time-Lapse Of Shuttle Launch」
半透明のビーズで創られたスタートレックのスカルプチャー「Amazing Star Trek Sculpture At Microsof」
実際のものでスケジュール管理する積み木型の管理ツール「daily stack」
街を舞台にした大規模なインスタレーションアート「Ants In The City Of Drachten.」


posted by admin at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。