2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年05月31日

スチームパンクな歩く、巨大庭園「Living Machines: Verdant Art-Tech Contraption Descends Upon France」

先年度開催された「横浜 開国博Y150」でも集めた巨大グモを展開しているフランス西部のナント市に拠点を置く巨大アートを展開するラ・マシンが新作を発表。Designworksでも度々取り上げていますが、今まで蜘蛛や象、少女など生物が中心でしたが、今日紹介する「Living Machines: Verdant Art-Tech Contraption Descends Upon France」は自走する巨大な庭園となっています。

500x_st_la_machine_f.jpg

かなり独創的な風貌で、鉄の足の上に組み上げあられたステージに緑が並べられており、上部には気球のようなものが配置されています。

詳しくは以下

上記の写真からだいたいのその大きさを感じ取ることができると思いますが、相当巨大で、普段全く見ることが無い、そのデザインや作りはかなりインパクトがあります。

まだ動いているシーンや展開などは発表されていないみたいですが、いままでとはまた違った展開が見ることができそうです。過去の作品をご覧になりたい方は「横浜で繰り広げられる巨大アート「ラ・マシン」」に少し動画などがありますので宜しければどうぞ。

Living Machines: Verdant Art-Tech Contraption Descends Upon France | Magazine

関連記事
新しいプレゼントのラッピング方法「surprise ball」
フリーランスの次のステップをサポートする「FICC FREELANCE NETWORK」
レシートの裏を活用した新しいコミュニケーションツール「Design Receipt Project」
もし車がなかったら、車だけが世界から消えた映像作品「Running on Empty」
アートの力を一つの色で広げるプロジェクト「Arcoiris nómada」
posted by admin at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック