2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年06月04日

空間上で情報を操る未来のインターフェイス「 John Underkoffler points to the future of UI」

TED2010が開催され、様々な未来のテクノロジーが発表されていましたが、今回紹介するのは身につけたグローブで操作できる、未来のインターフェイス「 John Underkoffler points to the future of UI」を紹介したいと思います。

ted.jpg

手の動きや位置などで動きが割り当てられており、グローブに設置されたセンサーベースで読み取って伝えているみたいです。実際動作しているデモがYouTubeの公開されていましたので、下記に貼りつけておきます。

動画は以下から



映像を見る限りかなりスムーズに遷移し、表示されている写真をカラーベースで分けたり、ソートしたりと様々な動作が制御できるようになっています。その光景はまるで映画の世界をそのまま表現したようなそんな未来を感じさせるインターフェイスになっています。

ipadやiphoneの出現で、現在タッチパネルがユーザーインターフェイス表舞台に立っていますが、いずれこういったインターフェイスも個人端末ベースで使われていくようになるかもしれませんね。

John Underkoffler points to the future of UI

関連記事
スチームパンクな歩く、巨大庭園「Living Machines: Verdant Art-Tech Contraption Descends Upon France」
新しいプレゼントのラッピング方法「surprise ball」
フリーランスの次のステップをサポートする「FICC FREELANCE NETWORK」
レシートの裏を活用した新しいコミュニケーションツール「Design Receipt Project」
もし車がなかったら、車だけが世界から消えた映像作品「Running on Empty」
posted by admin at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック