2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年06月04日

未来の世界に展開されるかもしれないARグラフィティ「Polygon Graffiti」

現在様々なプロモーションやクリエイティブプロジェクトで活用されつつあるAR(拡張現実)ですが、今回紹介するのはもしもARを気軽に、携帯端末やウェアラブルな端末でマーカーを読み取ることができるようになったとしたら展開されそうなARを使った立体的なグラフィティ「Polygon Graffiti」を紹介したいと思います。

demoargrap.jpg

このグラフィティは街頭にマーカーかもしくは位置座標でオブジェクトを呼び出し、現実世界にポリゴンで描かれたグラフィティをオーバーレイするというものです。デモムービーがvimeoに公開されていましたので下記に貼りつけておきます。

動画は以下から

Polygon Graffiti from QNQ/AUJIK on Vimeo.



今までグラフィティは国内でも多くの場所で見かけますが、この手法であれば町を直接汚すこと無く、外観にも優しい主張が展開できそうな気がします。

こういった最先端の技術がグラフィティだけではなく、表現という部分には大きく使われていくようになるのかなと思いました。

Polygon Graffiti on Vimeo

関連記事
空間上で情報を操る未来のインターフェイス「 John Underkoffler points to the future of UI」
スチームパンクな歩く、巨大庭園「Living Machines: Verdant Art-Tech Contraption Descends Upon France」
新しいプレゼントのラッピング方法「surprise ball」
フリーランスの次のステップをサポートする「FICC FREELANCE NETWORK」
レシートの裏を活用した新しいコミュニケーションツール「Design Receipt Project」
posted by admin at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック