2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年07月12日

現実世界にピクセルで創られた巨大彫刻「Pixel Orca Scultpure」

先日Designworksの「8ビットで作られる自画像「8-bit gary costume is pixexellent」 」という記事で、ドットの集合体を利用してピクセルアートの着ぐるみを作るアートプロジェクトを紹介しましたが、今回紹介するのは同じような手法ですが、大規模なピクセルで創られた巨大彫刻「Pixel Orca Scultpure」です。

vcc-orca.jpg

上記のように、かなり巨大なシャチが、ピクセルアートのような形で制作されています。近くでみると、ドット絵のようにモザイク上に見えます。

詳しくは以下

vcc-orca_02.jpg

こちらはカナダのバンクーバーにあるメディアセンター「the Vancouver Convention Centre」につくられたものだそうです。こちらを制作したのは、「Douglas Coupland」。

彼は上記の作品以外にも様々なクリエイティブ、アートプロジェクトを手がけており、マリリン・モンローをベースにしたグラフィティ作品など、前衛的な作品を公開しています。興味のある方は公式サイト「coupland.com」からどうぞ。

Pixel Orca Scultpure

関連記事
街を舞台にした、大規模なグラフィティストップモーション「BIG BANG BIG BOOM」
刺繍でニュースを綴る「Sewing the Times」
バレエのしなやかな動きを読み取って創られたフォント「BalletFont」
ダンボールで作るミニチュア都市「An Eccentric World Built Of Card Board」
8ビットで作られる自画像「8-bit gary costume is pixexellent」
posted by admin at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック