2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年08月25日

魚の動きをリアルに表現した魚ロボット「Robot Fish To Take Over The Seas」

様々なロボットが国内外で開発されていて、その利用に期待を持たれていますが、今日紹介するのは(独)科学技術振興機構の大学発ベンチャー創出推進のプロジェクトで製作した魚の動きをリアルに表現した魚ロボット「Robot Fish To Take Over The Seas」。

scshot_01.jpg

外側はシリコンラバーで覆われ中身の基板が見えているので、リアルな魚ではなくてロボットの魚として表現されていますが、尾ヒレしか稼働しませんが、その動きは非常にスムーズで外見が整えばかなりリアルに泳ぎます。実際泳いでいる映像がYouTubeに公開されていましたので下記に貼り付けておきます。

動画は以下から



魚はジョイスティックで操作可能で、ステックを左右に動かすことで、尾ひれが振られて魚が進むそうです。

本物の魚に比べるとという部分は多々ありますが、将来的には動物園、水族館に配備されるということもありうるのかもしれませんね。単純に置き換えすることが良い事だとは思いませんが、絶滅してしまった生物をロボットの技術を駆使して再現するというのは価値がありそうです。

Robot Fish To Take Over The Seas

関連記事
記入しやすく後で見やすい ナカバヤシ「ロジカルダイアリー2011」
3つのワークスタイルを一台で「Workflow」
ステッカーと組み合わせて壁をクリエイティブな時計にする「Vinyl Wall Clocks」
子どもためのドア「Portinha」
つなげたまま・切り離しても使える「かみのかけら」
posted by admin at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック