2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年10月04日

与えられるのではなく 親子で創り出す遊びをクリエイト「PaPaCo Design Project」

イクメン(育児を積極的に行うパパ)という言葉がかなり普及してきたこの頃ですが、まだまだ子どもとの関わりに戸惑うパパ達も多いのではないでしょうか?そこで今回は、アーティスト・デザイナーんいよって考案された「コミュニケーションツール(=おもちゃ)」を発表する「PaPaCo Design Project」を紹介したいと思います。

papa.jpg

「PaPaCo Design Project」は電通と慶応義塾大学SFC研究所によるクリエイティブ・ユニット「汐留イノベーションスタジオ(SIS)」からの発信で、昔のからの日本の父と子の本来の関わりを考え、現代の家族へその関わりを伝えるプロジェクトとなっています。

詳しくは以下

「多くの子どもたちにとって父親は、自然の中での遊びや家での工作などを通して様々なことを教えてもらえる存在であったのではないでしょうか。(PaPaCo Design Project)」との言葉にもあるとおり、カブトムシの捕まえ方や機械の触り方など、昔は父親が子どもに伝える中で、自然とコミュニケーションが取れていましたが、現代では近所に森も少なくなり、夜中に探検に出かけることも難しい世の中になっています。そんな中でも、親子が自然と一緒に遊んでいく中で創造力を育てることができるアイテムを「PaPaCo Design Project」では開発しています。

dw_papaco_img02.jpg

papa02.jpg

デジタル機器を使用するものから、本物の木など自然を体感できるものまで様々。アーティストやデザイナーによって開発されているので、見た目にも楽しく内容も充実しているのが特徴です。実は親のほうが夢中になってしまうということも。そうした姿勢が、子どもには面白く頼もしくも見えるのかもしれませんね。

iPhone/iPod touchで無料ダウンロードできるアプリもあります。親子のコミュニケーションに役立ててみては?

PaPaCo Design Project -電通×慶應義塾大学=汐留イノベーションスタジオ|SIS OFFICIAL SITE
PaPaCo Design Project

関連記事
繋ぎあわせて複数人で対戦できる卓球台「JAM: T2 table」
レゴで愛を誓う「Lego wedding ring」
東京の見慣れた風景をリデザインする hakuhodo + design project「東京借景」
食べ物を使って描くグラフィックアート集「Designer food HEM-BAKAT AR BAST」
Twitterの新デザインは黄金比で創られる「New Twitter Obeys the Golden Ratio」
posted by admin at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック