2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年11月09日

第2の機能を合わせ持った「DAISUKE MOTOGI」のソファ

インテリアの主役ともなるソファにもさまざまなデザインや形のものが存在しますが、今回は座ることを目的としたソファとしてだけでなく、別の機能も合わせ持った「DAISUKE MOTOGI」のソファを紹介したいと思います。

futon.jpg

デザイナー・元木大輔氏によるデザインソファには、ソファの形を活かしたユニークな機能が備わっています。ラインナップの紹介は以下よりご覧ください。

詳しくは以下

上記写真のソファは「Lost in sofa」。いくつも積み重なったブロックの隙間に物を挟んでおくことができるというものです。見た目のデザインも個性的でインパクトがありますね。リモコンなど、ソファの周りにあるちょっとした小物を挟んでおけば、うっかりなくしてしまうこともなくなりそうです。

futon_02.jpg

こちらは「Sleepy chair」、まるでふとんのようにふわふわとした素材感が特徴のソファです。この上で丸くなって睡眠を取ることもできます。安らぎを感じさせてくれるアイテムではないでしょうか。

デザインの中にアイデアのセンスが光る、「使ってみたい!」と強く感じさせてくれるソファですね。今後の展開にも是非期待したいと思います。

DAISUKE MOTOGI ARCHITECTURE !

関連記事
スマートフォンでのゲームコントロール性能を補助してくれる「タクティルプラス」
iPhoneの画面を表示できるテーブル「Table Connect for iPhone」
キーボードのキーの隙間に挟んでメッセージを伝える「Deng On」
アルファベットが型どられたシェルフ Alphabetized Storage System「AAKKOSET」
ジャム容器とバターナイフが一体化した「Butter! Better!」
posted by admin at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック