2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年11月10日

高さという空間を効率的に利用できる収納棚Danny Luoの「Stair case」

高さのある収納は使い勝手の面から敬遠される傾向がありますが、本当は部屋の高さを有効活用したいと思っている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、高さのある収納を最上段まで有効活用できるように考えられた収納棚「Stair case」を紹介したいと思います。

staircase02.jpg

「Stair case」とは階段のこと。収納が階段にもなっており、上段の棚は階段を上ることで有効活用できる画期的なアイテムとなっています。

詳しくは以下

高さが260cmもあるので、手を伸ばすだけでは上の方に通常は手が届かないのですが、「Stair case」は下から3段を引っ張り出し階段として利用することができるため、上の段にも簡単に手が届くようになります。部屋の高さを有効活用でき、通常時は階段部分はしまっておけるので、収納場所をコンパクトにできるというのも魅力です。

竹材を使用して作られており、見た目もスタイリッシュでシンプルなので、狭いオフィスや部屋をデザイン性も機能性も高く飾れる画期的な収納ではないでしょうか?

Danny Kuo product design
Staircase Storage Solution Comes to the Rescue of Small Homes

関連記事
第2の機能を合わせ持った「DAISUKE MOTOGI」のソファ
スマートフォンでのゲームコントロール性能を補助してくれる「タクティルプラス」
iPhoneの画面を表示できるテーブル「Table Connect for iPhone」
キーボードのキーの隙間に挟んでメッセージを伝える「Deng On」
アルファベットが型どられたシェルフ Alphabetized Storage System「AAKKOSET」


posted by admin at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。