2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年11月15日

iPhoneやiPadの画面をプロジェクターで映しだす「Cinemin Slice」

プライベートからビジネスシーンまで、幅広い活躍を見せるiPhoneやiPad。幅広く活用されている方も多いかと想いますが、今回はさらに便利に使いこなすことができそうなアイテム「Cinemin Slice」を紹介したいと思います。

cineminslice.jpg

iPhoneやiPadのドックとしてだけではなく、画面をプロジェクターで映しだすことができるというアイテムとなっています。

詳しくは以下

通常はiPadやiPhoneを所定の位置に配置しておくのに力を発揮してくれますが、プロジェクターとして60インチのサイズで壁などに画面を映しだしてくれる機能が備わっており、たとえば会議だったり、友人同士で映像を閲覧するときなど、意外に多くのシーンで利用することができそうです。

他のビデオ機器との接続も可能ということで、さらに利用できる範囲が広がりそう。2011年1月発売予定とのことなので、気になる方は販売元のサイト「WowWee」をチェックしてみてください。

WowWee intros Cinemin Slice projector for iPod, iPhone, iPad | iLounge News
プロジェクター内蔵のiOS機器ドック | WIRED VISION

関連記事

トイレに色を付けない消臭器「トイレットペーパー型消臭器」
使わなくなったジーンズをスマートフォンケースに「DEADJEANS」
バーコードをなぞって音を楽しめる絵本「barcode book」
美しい色合いを楽しめる D-BROS「ウォーターリングカン」
葉っぱの形をしたレターアイテム「Leaf Letter」


posted by admin at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。