2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年11月27日

チョークで描く立体アート「3D Chalk Drawings」

目の錯覚を利用して、平面を立体的に見せるアートワークは多数ありますが、今回紹介するのはチョークを利用して、立体的に表現するアート「3D Chalk Drawings」を紹介したいと思います。

china-chalk-god-3d-chalk-art-560x373.jpg

平面とは思えない、まるでその場に存在するかのようなアートワークをチョークを使って表現しています。いくつかの作品が公開されていましたので下記からご覧ください。

詳しくは以下

3dchalk03.jpg

3dchalk10.jpg

3dchalk02.jpg


陰影と色の強弱だけでここまで表現できるのは驚きです。チョークという画材も今までの3Dワークではあまりみかけなかったので新鮮に感じます。グラフィティアートのように色を使って作る立体アートワークとはまた違う魅力があります。

こちらの作品は中国のアーティスト「Mr. Hou」によるものです。その他の作品をご覧になりたい方は「Chinese 3D Street Artist Hailed As “Chalk God” & “Architect” – chinaSMACK」からどうぞ。

Chinese 3D Street Artist Hailed As “Chalk God” & “Architect” – chinaSMACK

関連記事
ビニール袋108枚で作る、音と世界。「One Hundred and Eight」
webの何に感謝しているかをわかりやすく示した統計「What Is the Web Thankful For?」
キネクトを使った新しいインタラクティブパペット「Interactive Puppet Prototype w Kinect [openFrameworks]」
ペーパーデザインつけまつ毛「Paper Eyelashes」
紙で創り上げる立体的な俯瞰都市「Katsumi Hayakawa's Paper Art」


posted by admin at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。