2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年12月02日

芝生に包まれるインタラクティブアート「Wearable Nature」

現代アートが注目されるようになり、島全体がアートに包まれた空間など各所でアート作品が展示され、体や感覚でアートを体感できる空間が増えています。そんな中今回紹介するのは、まさに自分の体で直接体感できるアート「Wearable Nature」です。

natura_01.jpg

顔に装着されているのはなんと本物の芝生。ヘッドフォンからは自分の呼吸音が聞こえ、まるで自然そのものに包まれているかのような空間を造り上げることができる、体感アートとなっています。

詳しくは以下

本物の芝生はもちろん土に植えられており、マスクからは"土と草"という、まさに自然の香りと感触を肌で体感することができます。ヘッドフォンからは、自分の呼吸音が1.5秒遅れて聞こえてくる仕掛けになっており、どこか異世界にいるかのような不思議な体験ができるようです。

どんな空間になるのかなかなか想像ができませんが、それこそがアート本来の面白さではないでしょうか。深層心理の中にある自然を感じることができるかもしれませんね。

The Open: Wearable Nature - PSFK

関連記事
ARで3D空間に絵が描ける「3D drawing in Augmented Reality. Scrawl 3D」
ARで3D空間に絵が描ける「3D drawing in Augmented Reality. Scrawl 3D」チョークで描く立体アート「3D Chalk Drawings」ビニール袋108枚で作る、音と世界。「One Hundred and Eight」
webの何に感謝しているかをわかりやすく示した統計「What Is the Web Thankful For?」
キネクトを使った新しいインタラクティブパペット「Interactive Puppet Prototype w Kinect [openFrameworks]」
posted by admin at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック