2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2010年12月19日

ストリートアーティスト手がける 街の景色と一体化した標識アート

街中に出るとさまざまな場所で見かける"標識"は、認識されやすいようにとても目立つようなデザインがされているものばかり。そんな中、今回紹介するのは、街の景色と一体化した標識アートです。

hyoshiki.jpg

海外のストリートアーティストが手がけた作品とのことで、標識が街の景観と溶け込むように透けてみえているという、個性的なアート作品となっています。

詳しくは以下

道路標識の他に公共物なども手がけられており、主張し過ぎることなく、まるで本当にそこにあるかのように見えます。その透け具合がとても絶妙で、景観を乱すことなく、標識の存在自体をなくすことなくそこにあり続けることを可能にしています。

hyoshiki02.jpg

実際の標識で実行すると逆にとても見にくいものになってしまいますので、実用的なものにすることは難しいかもしれませんが、現在の標識のデザインが以下に景観に大きな影響を与えているかということを認識させてくれますね。他にも写真が公開されていますので、気になる方は下記よりご覧ください。

これなら景観を守れる!かも?都市の景色に溶けこむ道路標識アート | greenz.jp グリーンズ

関連記事
ボディをタイポグラフィで表現した「Dockers」のキャンペーン広告
完成度の高い個人制作のプロジェクション・マッピング「New balance sneaker Projection mapping」
WWFが環境に優しい新しいファイルフォーマット「.WWF」を発表
モレスキンでストップモーション「Moleskine Mini Planners」
手書きのビルボード「Hand made billboard」
posted by admin at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック