2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年01月04日

世界中から集めたLEGOで遊ぶLEGOのショートフィルム「LEGO: The Brick Thief」

日本国内はもちろん、世界でも多くの子どもたちに愛されているLEGO。その魅力はおもちゃとしての領域を飛び出し、クリエイティブワークにも広く利用されています。今日紹介するのはLEGOの魅力を伝えるためのショートフィルム「LEGO: The Brick Thief」。

legoshorfilm.jpg

この動画は昨年Designworksでも「ヒラメキはいつの時代もLEGOから「CL!CK: A LEGO Short Film」」という記事で紹介した、昨年公開されたショートフィルムに次ぐ作品で同じ登場人物がストーリーを展開しています。実際の動画がYouTubeに公開されていましたので下記からご覧ください。

動画は以下から



博士がレゴのブロックを一つつかみ置くたびにレゴブロックが自動的に組上がれ、様々な楽しげな音を奏でる楽器やおもちゃへ変わっていきます。ブロックはおもに、ポストを通じて、様々な子ども達の部屋につながっています。

最後は全てのブロックが組み合わさって、様々な音を奏でるラジカセになっていきます。最後の落ちは動画を見てのお楽しみですが、LEGOらしいクリエイティブな最後になっています。昨年のものもよかったですが、今回のショートフィルムも楽しげで、クリエイティブな良いショートフィルム。来年はどんな物語が展開されるのか実に楽しみです。

Adverblog: LEGO: The Brick Thief

関連記事
GalaxyTabと連携したインタラクティブプロジェクションPR「Vodafone / Samsung: Connect to the Galaxy interactive map projection 」
巻き込み型のインタラクティブデジタルサイネージ広告「romanian traffic police the fake accident.」
街の景観を変える、緑のゴミ袋プロジェクト「 Beautify Your City: After Heart of the City Rubbish Bag」
iPadとiPhoneで作るクリスマスムービー「A Starry Night」
シンプルにパッケージをリデザインするプロジェクト「Minimalist Packaging」
posted by admin at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック