2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年01月23日

インタラクティブに反応するプロジェクション「Bending Buildings」

海外のクリエイティブプロジェクトでは盛んに取り入れられているプロジェクション。プロジェクターを使って光と影をコントロールし、立体的な資格を創りだして様々な表現が可能ですが、今日紹介するのは映し出すだけでなく、インタラクティブに変化するプロジェクション「Bending Buildings」です。

lyon2.jpg

こちらのプロジェクションは、声に反応してインタラクティブに変化します。声のトーンを解析し、歪みに換えプロジェクションに反映させるというものです。実際の映像がvimeoに公開されていましたので、下記からご覧ください。

詳しくは以下

PERSPECTIVE LYRIQUE from 1024 on Vimeo.



いつも驚かされますが、建物に映し出されたプロジェクションは細かな部分まで表現していて、建物が本当に歪んでいるように見えます。また声に反応するということで建物が人に変わるなんて演出もされています。

単純に映しだすということよりも一歩深く、観客を巻き込めるインタラクティブなプロジェクションは今後も増えていきそうです。

Architizer Blog ≫ Blog Archive ≫ Bending Buildings

関連記事
タバコによる汚染を訴えかけるアート「cigarette ash landscape」
本から飛び出す3D文字アート「Book Of Art」
身近なもので描かれた指紋のアート「Fingerprint Art」
背景に描かれた空想の世界とリンクするアート「Missing Garden」
イラストになった世界各国の地図 frankchimero「Newsweek Top Countries」


posted by admin at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。