2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年01月24日

ガラス瓶をオブジェとして再生した「bottle」

ワインやお酒などの瓶は、飲み終わってしまったら"捨てる"のが一般的ですが、今回はそんなガラス瓶をオブジェとして再生するプロジェクトによって生まれた「bottle」を紹介したいと思います。

bottle.jpg

ラベルデザインが剥がされ、ボトル本来の姿になった状態に、さまざまな柄のサンドブラストを施し新しい命を吹きこんだ、エコなコンセプトも兼ね備えたアイテムです。

詳しくは以下

サンドブラストとは、ガラスに砂を吹き付けて削る加工技術。独特の質感を保った味のある仕上がりが特徴です。「bottle」は全作品が手作り、なおかつシリアルナンバー入の一点物であり、世界に同じものは一つとしてないのだそうです。デザインを手がけたのは、デザインスタジオ「Schatje Design」

水をそそぐのはもちろん、一輪差しなどの花瓶として、またインテリアのオブジェとしても活用することができそうです。是非自分だけのお気に入りの一点を見つけてみてください。

花瓶やウォーターサーバー、鉢植え、オブジェに生まれ変わったガラス瓶「bottle」 | novelaxでショッピング

関連記事
数字を並べて作られたマット「Numbers Placemat Set」
超コンパクトサイズの一眼レフ風トイデジカメ「CHOBi CAM ONE」
形を上手に利用した「Helvetica Coat Hanger」
カメラ型フェルトカメラケース「Fuzzy Wuzzy Was a Camera Case」
posted by admin at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック