2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年01月27日

つい行きたくなるお店の仕掛けを知る「店頭デザイン大解剖展」

「このお店にいくとつい買物をしてしまう」「居心地の良いお店だな」など、出掛けた先々で感じることがあるかと思いますが、そこにはやはりデザインが存在しています。今回は、つい買いたくなるお店の「しかけ」を知ることができる展示会「店頭デザイン大解剖展」を紹介したいと思います。

td_01.jpg

実際の店頭で活用されている様々な「しかけ」の中からデザイン性に優れた事例を集め、また店頭デザインのクリエイティブワークを解剖できる展示会となっています。

詳しくは以下

事例紹介とクリエイティブ解剖の2部構成で展示がされており、第一線で活躍するクリエイターが考えた実際の事例を見ながら「店頭行動5つのキーワード」を知ることができます。また、実際のクリエイターの企画から、ユーザーの目線までを追い、クリエイティブワークを解剖。店頭デザインのすべてを知ることができ、知っていると店舗の見方が変わる、画期的な展示会ではないでしょうか?

もちろん、クリエイティブ業界を目指す人や、働いている人は新しいアイデアのヒントを沢山見つけることができそうです。是非、会場に足を運んで、店頭デザインの最前線に触れてみて。

【基本情報】
会場:印刷博物館(東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル)
会期:2011年2月1日(火)〜2011年5月8日(日)
休館日:毎週月曜日(ただし、3月21日は開館)、3月22日
開館時間:10:00〜18:00
入場料:無料

印刷博物館 Printing Museum, Tokyo


関連記事
第2回「1_WALL」グランプリ 早崎真奈美展「Dear unexpected visitors」〜親愛なる予期せぬ訪問者様〜
数々応募作品の中から選ばれた「JAGDA新人賞2011」「JAGDA賞2011」
19年ぶりの刷新!スターバックスコーヒーのロゴリニューアル
モーショングラフィックス展 デザインハブ企画展「Romance」
posted by admin at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック