2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年02月02日

漢字を視覚的に感じることができる文字タイプ「Japanese Food Type」

世界中の数ある文字の中でも難しいと定評がある「漢字」は、日本人ですら読めない文字も多数存在するほど。今回は、漢字とシンボルと組み合わせることで、誰にでも理解しやすくなった作品「Japanese Food Type」を紹介したいと思います。

jft_01.jpg

一文字づつ、見れば見るほど納得してしまうデザインの漢字が並び、難しかった漢字が誰でも楽しめる、グラフィック表現された「文字」となっています。

詳しくは以下

漢字とシンボルが一体となって表現された「漢字」は、デザイナー廣村正彰氏によりデザインされたユニークな作品となっています。外国の方にとっては、シンボルで漢字の意味を理解することができ、そのうえ、漢字としてもきちんと成り立っているので、漢字を知っている日本人にも分かりやすいデザインになっていることに驚きます。

jft_02.jpg

jft_03.jpg

文章での複雑な説明をしなくても直感的に物を理解できる、人に優しいデザインではないでしょうか?さらなる国際化に向けて、観光地などで取り入れてほしいデザインですね。ロゴのデザインアイデアとしても参考になりそうなので、アイデアの行き詰まりを感じている方は、この作品を見て柔軟性を取り戻してみては?

Japanese Food Type | CreativeRoots - Art and design inspiration from around the world


関連記事
食べ物がモチーフとなった指輪「Miniature Food Rings」
スニーカーをキーにしてソーシャルを繋ぐアイデア「RFID in shoes」
糸で表現されたイラストレーション「Stitched Illustrations」
100万ピースのLEGOで作ったスタジアム「Ohio Stadium made from LEGOs」
インタラクティブに反応するプロジェクション「Bending Buildings」
posted by admin at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック