2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年02月08日

銃痕で作るアート「Deweaponizing the Gun」

様々なアートワークをDesignworksでは紹介してきましたが、今日紹介するのは銃で作るアート「Deweaponizing the Gun」。このアートは実際に銃を使い、弾を打ち込んでできる穴を一つのドットと見立て描いていくというものです。

waltcreel_1.jpg

上記のように細かく弾を打ち込み、詳細まで再現していてます。いくつかの作品が公開されていましたので下記からご覧ください。

詳しくは以下

waltcreel_2.jpg

waltcreel_3.jpg


こちらを制作したのは「Walton Creel」という米国のアーティストで、国内以外にも多くのアート系の媒体に取り上げられています。上記の他にも様々なモチーフが描かれており、その全ては「Walton Creel」からご覧いただけます。

アートとは少し離れたところにある、ものを本来の目的以外の事で使うというアイデアは面白いですね。様々な組み合わせが生み出せそうですが、実際考えてみるとシンプルなようで、難しそうです。

Walton Creel

Deweaponizing the Gun - today and tomorrow


関連記事
ガンディーの眼鏡をモチーフにしたフォント「Gandhi font」
アメリカとイギリスのブックカバーデザインの違い「Judging Books by Their Covers: U.S. Vs. U.K.」
地図で作るコラージュアート「Map Works 」
精巧に刻まれた模様が美しい竹のウォルアート grove「Engraved Bamboo Art」
肉で作るアート「Meat America」
posted by admin at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック