2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年02月08日

顔の形で音を奏でる「Face Visualizer by Daito Manabe」

音を表現するには色々な方法がありますが、今回紹介するのは顔の形を変える事で、様々な音を奏でるサウンドパフォーマンス「Face Visualizer by Daito Manabe」を紹介したいと思います。

artface.jpg

こちらは上記のように、顔にいくつかのセンサーをつけ、顔の形を読み取って音を鳴らすという仕組みみたいです。実際演奏されているシーンが、YouTubeに公開されていましたので、下記からご覧ください。

動画は以下から

デジタル音が中心で、色々な種類の音を使って演奏が繰り広げられています。誰もが楽しめる面白い音の形だと思います。上記はベルリンで開催されているメディア芸術祭「Transmediale」で行なわれたものだそうです。

こちらを制作したのは国内外で活躍するクリエイター「真鍋 大度」氏。その他の作品も面白いアイデアが詰まった作品が、公開されています。公式のWEBページは「Daito Manabe | Artist, Designer, Programmer, DJ, VJ, Composer」からご覧いただけます。

Daito Manabe | Artist, Designer, Programmer, DJ, VJ, Composer

関連記事
トイレットペーパーの芯を利用したアートスカルプチャー「Toilet Paper Roll Sculptures」
銃痕で作るアート「Deweaponizing the Gun」
ガンディーの眼鏡をモチーフにしたフォント「Gandhi font」
アメリカとイギリスのブックカバーデザインの違い「Judging Books by Their Covers: U.S. Vs. U.K.」
地図で作るコラージュアート「Map Works 」

posted by admin at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック