2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年04月21日

童話の世界をイラストの足し算で表現「Brain Candy Toys」

子どもから大人まで楽しめる童話は、誰もが一度は読んだことのある物語として世界中から愛され続けています。そんな中今回紹介するのは、童話の世界をイラストの足し算で表現したグラフィック作品「Brain Candy Toys」です。

optogi01.jpg

童話のストーリーをイラストを計算式にあてはめて表現。どんな作品なのかを究極かつ完結にまとめた、アイデアが生きた作品です。

詳しくは以下

「シンデレラ」を表現した作品は、シンデレラ+魔法使い=ドレスで着飾ったシンデレラ、シンデレラ+お城=ガラスの靴を失ったシンデレラ、という具合に、ストーリーの流れを表現。また「三匹のこぶた」は、こぶたたちがおおかみに襲われてどうなったか・・が、答えの表情に現れています。

計算式で表現するという発想がとても面白いですね。他にもさまざまな作品を見てみたい、そんな気持ちにさせてくれます。今回紹介した作品の他にも公開されていますので、気になった方は以下リンクよりチェックしてみてください。

Revolve - Brain Candy Toys

関連記事
森の環境音と木で奏でる、自然と一体化した木琴音楽「森の木琴」
車の疾走感をプロジェクションと現物で表現しきったアイデア広告「Hyundai Accent 3D projection mapping」
乗り心地と、素晴らしい走行性を表現したレクサスの広告「Introducing The 2011 Lexus IS: "Music Track" 」
美術館で展開されたキットカットのアート広告「KitKat: Have a Breakism」
PCで出来ることを繋ぎあわせてストーリーを描くintel「The Chase Film 」


posted by admin at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。