2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年04月24日

100,000本のつまようじを使って作られた世界「An incredible kinetic sculpture」

世界では様々なものを利用してアート作品を展開するアーティストがいますが、今回紹介するのは100,000本のつまようじを使って作られた世界「An incredible kinetic sculpture」。

weaver-1-600x723.jpg

こちらの作品はScott Weaver'sによって制作されたもので、制作期間は35年、3000時間かけて作られてた作品だそうです。

詳しくは以下

これだけ大きなものをつまようじで作るだけでも凄いことですが、単純に大きな造形というわけではなく、上からボールが入れられるようになっていて、そのボールがつまようじで作られた世界を駆け巡るような仕掛も施されています。実際、作品の上から下までボールが移動しているシーンを収めた動画がvimeoに公開されていましたので、下記からご覧ください。

Scott Weaver's Rolling through the Bay from Learning Studio on Vimeo.



ものすごく細かな部分も丁寧に制作されており、動画ではわからない細かな部分は「Scott Weaver's Rolling through the Bay - a set on Flickr」に写真で公開あれていました。気になった方はそちらも是非ごらんください。

One man, 100,000 toothpicks, and 35 years: An incredible kinetic sculpture of San Francisco | Colossal

関連記事
日本支援のために作られた和風グラフィックの「Eastern Eggs - Support Japan」
内装から外装まで全て紙で作られたペーパークラフトアウディ「 papercraft AUDI A7」
水をキャンパスにして文字を描くアート「Writing on the water」
巨大なマーカーで描くグラフィティアート「Biggest marker in the universe! 」
童話の世界をイラストの足し算で表現「Brain Candy Toys」
posted by admin at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック