2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年05月03日

果物の力でで作った電気で屋外広告「Tropicana powered by oranges」

アメリカ合衆国フロリダ州にあるTropicana Products社が生産しているジュースで、国内でも販売されていますが、今回紹介するのは果物自体を使った屋外広告「Tropicana powered by oranges」を紹介したいと思います。

6a00d8341c51c053ef0147e39e44aa970b-450wi.jpg

使うと行っても単純にオレンジでビジュアルを作っているのではなく、理科の実験などでも、
おなじみですが、広告に敷き詰められた、約2500個ものオレンジを利用し、発電して、その電気も利用し、広告の電力と照明パネルを灯しています。実際メイキングから、広告を実施するところまでの動画が公開されていましたので、下記から動画ごらんください。

詳しくは以下



こちらはパリで行われたプロモーションで、ゲリラ的に設置され、発電、点灯までが行われたようです。果物を実際使うというところだけでなく、果物が持っている力、見えない部分を上手く表現している広告だと思います。

一瞬街で見かけたら、普通のオレンジ広告に見えてしまうというところはあると思いますが、つながったときに感動できる広告だと思います。

Invisible Red: Tropicana powered by oranges

関連記事
車の疾走感をプロジェクションと現物で表現しきったアイデア広告「Hyundai Accent 3D projection mapping」
乗り心地と、素晴らしい走行性を表現したレクサスの広告「Introducing The 2011 Lexus IS: "Music Track" 」
美術館で展開されたキットカットのアート広告「KitKat: Have a Breakism」
PCで出来ることを繋ぎあわせてストーリーを描くintel「The Chase Film 」
世界中から集めたLEGOで遊ぶLEGOのショートフィルム「LEGO: The Brick Thief」
posted by admin at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック