2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年05月05日

雨が降ったときにしか見えない広告「RAINCAMPAIGN CONTINENTAL 」

世界には様々な手法の広告がありますが、今日紹介するのは透明の撥水塗料を利用して制作された、広告「RAINCAMPAIGN CONTINENTAL」。撥水塗料によって水をはじくことで、周りの濡れている部分との差で、広告を描くというものです。

dederain.jpg

実際に水がかけられて、広告が現れる動画が公開されていましたので、下記からどうぞ。

詳しくは以下



上記の動画はFresh Green Adsというオランダの広告代理店による企画。動画の広告はSEA LIFEという水族館の広告です。水との関連性という点ではいいですね。その他には下記のようにスタッドレスタイヤの広告も同じ手法で展開されていました。



普段は見えない広告だけに、PRする商材などによっても相性があると思いますし、天候によっては殆ど露出はしないなんてこともありえますが、ぴったりとハマったときは注目を集めそうな広告ですね。

関連記事
果物の力でで作った電気で屋外広告「Tropicana powered by oranges」
車の疾走感をプロジェクションと現物で表現しきったアイデア広告「Hyundai Accent 3D projection mapping」
乗り心地と、素晴らしい走行性を表現したレクサスの広告「Introducing The 2011 Lexus IS: "Music Track" 」
美術館で展開されたキットカットのアート広告「KitKat: Have a Breakism」
PCで出来ることを繋ぎあわせてストーリーを描くintel「The Chase Film 」
posted by admin at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック