2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年05月06日

チルトシフトレンズでの実写ミニチュアに迫る超リアルな空港ミニチュアワールド「Knuffingen Airport」

国内でも話題になり、様々なアートワークやクリエイティブプロジェクトに使われた実写をミニチュア風に撮影する技法がありますが、もはや珍しいものでもなくなってきています。今回紹介するのはその逆で思わず本物!?と思ってしまうほど壮大に、そして精巧に作られた、ミニチュアの空港「Knuffingen Airport」です。

airports.jpg

こちらは、480万ドル、およそ7年の歳月を費やして作られたミニチュアの空港で、飛行機、滑走路、管制塔などなど、細かな部分まで、精巧に再現されています。この空港を舞台にして撮影された動画がYouTubeにいくつか公開されていましたので、下記からご覧ください。

動画は以下から








世界観が崩れないように部屋の壁は青くぬられ、空が広がっています。また飛行機は離着陸もちゃんとするように作られていて、妥協を一切許さないその情熱には感服です。

上記のプロモーションビデオ的に取られたもの以外に、Miniatur Wunderland での操作風景を描いているものもありましたので、気になる方はYouTubeのプレイリスト「Miniatur Wünderland: Vliegveld」をどうぞ。

Knuffingen Airport: WOW!!! ≪ Cavern of Croutons

関連記事
鉛筆で作られたタイポグラフィをストップモーションで「2804」
個性溢れる小冊子デザイン集「15 Creative and Unique Booklet Designs」
クリエイターとタッグを組み紙の魅力を伝える「takeopaper.com+」
スプレー缶ができるまでを描いたメイキングムービー「Birth of a Spraycan」
刺繍で作られたVOGUE「Hand stitched Vogue Covers」
posted by admin at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック