2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年05月10日

インタラクティブなデジタルフレーム「FRAMED*」

インテリアの一つとして取り入れている方も多いであろう絵画やアート作品ですが、時には気分や部屋のイメージに合わせて手軽にイメージを変えたいと感じる事もあるかもしれません。そこで今回はデザインを自由に変えることのできるインテリアデジタルフレーム「FRAMED*」を紹介したいと思います。

framed_01.jpg

最新のデジタル技術を駆使した、今までにない新しいアイデアのインテリアフレームが登場しました。プロモーションムービーが公開されていましたので、下記よりご覧ください。

詳しくは以下



日本を代表するインタラクティブデザイナー・中村勇吾氏と、インテリア&プロダクトデザイナー齊藤良博氏、台湾の「Om, Inc.」のタッグによって開発された「FRAMED*」。Windouws7でオペレートする仕様となっており、縦型のHDディスプレイにインテルCore i5を搭載、Wi-Fi、Bluetooth 2.1、USB 2.0 port各種に対応したコネクターが設置されています。

イメージ画像を表示するのはもちろん、「FRAMED*」用に公開されたiPhone用アプリから、様々な形の表示を楽しむことができます。iPhoneと連動させて、フレーム内の映像に動きを与えることもできるので、完全オリジナルな空間をクリエイトすることができそうです。カフェやラウンジに置いて、来訪者に合わせたオリジナルの映像で出迎えたり、VJの世界にも新たな表現が広がるアイテムとなりそうです。

FRAMED* − A Platform for New Art Forms

関連記事
「Moleskin」がノマド・ライフスタイルのための新コレクションを発表
実世界でつぶやくためのステッカー「Real Tweet」
子どもの頃の夢を叶えるリラックスソファ「Cloud Sofa」
パンで表現されたテーブルウェア「Homemade Baked Table Installation Is Good Enough to Eat」
posted by admin at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック