2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年07月06日

モチーフの中身が飛び出す立体アート

DesignWorksではこれまでにもさまざまなアート作品を紹介しており、表現の視点や観点を変えた鋭い発想力に、いつも驚きと共感を感じています。そんな中今回紹介するアート作品は、身近な物の中に動きを見出すことで制作されたユニークな作品です。

matsu_01.jpg

よく目にするようなさまざまな物に独特の動きを持たせたユニークな表現が魅力的です。

詳しくは以下

matsu_03.jpg

東京藝術大学大学院博士課程修了後、同大学で非常勤講師として勤務しながら、自らの作品作りに励む、松枝悠希氏の作品となっており、時計や卵といった身近な物から、トランプや非常口案内灯・視力測定表まで、バラエティに富んだアイテムが題材となっています。

どの作品も、中身の一部が勢いよく飛び出してきたような立体的な表現に、松枝氏独自のユニークな感性を感じることができます。それぞれの物の願望を形にしたような、ユニークな作品だと思います。他にもたくさんの作品が公開されていましたので、気になる方は下記リンクよりご覧ください。

Works / Yuki Matsueda

関連記事
バスケットボールコートをモチーフにした丘「3D Basketball Court」
道路の真ん中に建てられたようなオープンカフェ「cafe/day」
イラストを使ったバーコードアート「Vanity Barcodes」
スプーン一杯分の小さな世界「A Bite Sized Landscape in a Spoon」
posted by admin at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック