2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年07月23日

お金の規模を相対的な大きさで表現した「A visualization of USA credit card bill (debt) stacked in 100 dollar bills 」

普段利用している金額をはるかに超えるあまりにも大きな単位の金額となると、実際現金がどのくらいになるのか想像もできないですが、今回紹介するのはお金の規模を、分かりやすく相対的な大きさで表現したコンテンツ「A visualization of USA credit card bill (debt) stacked in 100 dollar bills」

1.jpg

はじめは1ドルからスタートします、次に1万ドル。ここまでは表現しなくても安易に想像ができる範囲です。

詳しくは以下

One Hundred Million Dollars $100,000,000
1億ドルの大きさ、およそ一人分の大きさになります。

2.jpg



One Trillion Dollars $1,000,000,000,000
トラックがあるのでなんとなく想像できますが、恐ろしい大きさです。

3.jpg

 
上記以上に大きな単位のものもありましたので、気になる方は是非原文をご覧ください。想像も把握もできないものを分かりやすく表現するには、このように、一番小さいものから相対的に比較して見せていくというのは非常に効果的な手法だと思います。

A visualization of USA credit card bill (debt) stacked in 100 dollar bills

関連記事
ネイルアートで展開されるストップモーションアニメ「Picanto nail art animation」
さまざまな暮らしを垣間見る 天井から見た風景「House Watch」
液体で形成されたフォントアート「Experiment」
窓の外の世界を楽しめるウィンドウシステム TOYOTA「Toyota's new Windows to the World」
タイポグラフィやイラストなどをモチーフとしたペーパーアート「Paper Cutting」
posted by admin at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック