2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年08月07日

調理ロボットがいる世界は実現する!?MITで開発されたクッキー焼きロボット

様々なシーンで人間を助けてくれるロボット。なかなか家庭向けというのは、まだ難しく私たちが接することはあまりありませんが、工業用をはじめとして、至る所で活躍しています。今日紹介するのは、MITの学生達によって制作された、私たちの生活により身近な調理ロボットを紹介したいと思います。

willowgarage.jpg

実際に、材料を混ぜ、クッキーを焼き上げているシーンを収めた動画がYoutubeに公開されていましたので、下記からご覧ください。

動画は以下から



まだまだぎこちなく、お任せできる感じではありませんが、細かな動作までキチンとこなすのは凄いですね。ちなみに、このロボットにはビールを冷蔵庫から運んでくるという機能もついているそうです。



ロボットが家事全般や身の回りの事を全部やってくれる未来はまだ遠く。まだまだ、すぐそこという感じではありませんが未来を感じる試みです。

Tasteologie

関連記事
キネクトで加速するエアギターの可能性「Kinect Air Guitar Prototype」
地面の中に創られたミニチュア都市「Urban City Miniature」
ボックスの中に展開されたミニチュアの世界「Miniature People's Glass Cathedrals」
木の年輪をモチーフにした森林・動物保護を訴えるポスター「Tree of Life」
黒板と人物が連動したビジュアルアート「Creative Yearbook Photos」


posted by admin at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。