2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年10月29日

紙の未来・可能性を綴った書籍「本―TAKEO PAPER SHOW 2011」

以前Designworksでもご紹介した「本がテーマ 竹尾 紙の企画展「TAKEO PAPER SHOW 2011」」。紙の可能性と表現力の無限の広がりを感じられる展示会として今年も注目を集めています。そんな中今回は、展示会のコンセプトブック「本―TAKEO PAPER SHOW 2011」が発売されましたので紹介したいと思います。

paper01.jpg

「紙に定着された「物体としての本」の魅力を伝える」というコンセプトを持った、内容はもちろん、この本自体の紙の質感を味わいながら楽しむことができる一冊となっています。

詳しくは以下

78人が選んだ本と、それにまつわるエッセイ・ビジュアルをそれぞれ掲載しており、紙の本が未来に向かって作りだす可能性などが語られています。デジタルが主流となった昨今、アナログではあるけれど、紙にしか表現できないクリエイティブは必ず存在しているはず。この一冊、そしてイベントによって感じることができるのではないでしょうか。

書籍はメイン会場やサテライト会場、または全国書店、Amazonにて購入可能です。

【イベント概要】
メイン会場:竹尾 見本帖本店
開催期間:2011年10月20日(木)〜11月4日(金)
開催時間:10:00-19:00 (会期中無休/日曜祝日は18:00まで)
※サテライト会場、その他詳しい情報は以下サイトにてご確認ください。

本―TAKEO PAPER SHOW 2011について | TAKEO PAPER SHOW 2011
TAKEO PAPER SHOW 2011 | TAKEO PAPER SHOW | イベント&レポート | 竹尾



関連記事
おすすめのデザイン本「和風伝統紋様素材集・雅」
おすすめのデザイン本「20世紀の配色」
おすすめのデザイン本「ちょいかわイラスト練習帖」
おすすめのデザイン本「クリエイティブ業界を目指す人のための ポートフォリオ見本帳」
posted by admin at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Designer'sBooks
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック