2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年11月14日

コンピューターのリサイクル部品で作られた世界地図

表現の幅の広い現代アートでは、さまざまな素材を利用した作品が発表されており、斬新なアイデアにはいつも驚かされます。そんな中今回は、コンピューターの部品を利用して制作された、リサイクル部品で作られた世界地図を紹介したいと思います。

world_01.jpg

イギリスを拠点に活躍するアーティスト・Susan Stockwell氏の作品で、ベッドフォードシャー州の大学から譲り受けたコンピューターの部品を利用して制作された、見応えのあるアート作品となっています。

詳しくは以下

マザーボードや配線、その他コンピューターの部品を組み合わせて作られた精巧な世界地図は、部品をそのまま利用することで立体感が生まれ、リアリティのある世界地図が表現されています。部品の色の組み合わせも、しっかりとデザインに反映されていますね。

次々と新しいコンピュータが開発される現代・未来を象徴するようなアート作品ではないでしょうか?コンピューター技術への依存とリサイクルの重要性についても、同時に考えさせられる作品だと思います。

Computer Parts World Map Symbolizes Digital Future - My Modern Metropolis

関連記事
身の回りの物でアルファベットを作り出したフォトアート「Alphabets」
色えんぴつが織り成す世界 Hudsonのミュージックビデオ「Against The Grain」
テラコッタ軍をレゴで再現したアート「Terracotta Lego Army」
ディナープレートの中で表現される季節の風景
posted by admin at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック