2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年11月28日

残量の少ない電池を有効活用できる時計「Eco-Clock」

パワーの残りが僅かになった乾電池は、ほとんどの人が破棄してしまうと思います。そんな状況を解消してくれる、非常にユニークかつ画期的な発想を取り入れた時計「Eco-Clock」を今回は紹介したいと思います。

ecoclock01.jpg

本来は数字が並ぶ箇所にあるは長方形の穴。ここに残量の少ない乾電池を設置することで、12個すべての残パワーを集結させ、時計を動かすという仕組みになっています。

詳しくは以下

ecoclock02.jpg

乾電池は使っていくごとに色が変わり、これはどうやら残りの残量を表しているようです。表示があることで乾電池の換え時がよく分かり、しっかり使いきって捨てることができるので、エコを意識した生活ができるきっかけにもなるかも。LEDのカラフルな色合いが美しく、インテリアのポイントとしても活躍してくれそうです。

コンセプトモデルなので実用化はまだされていませんが、多くの人が使用するようになれば、電池の無駄遣いを防ぐことができるのではないでしょうか。是非製品としての発売を期待したいですね。

Eco-Clock by Bor-Ru Huang ≫ Yanko Design

関連記事
ファーストフードのお供に「Burger Coasters」
廃車になったフェラーリを再利用した家具「Mesa de Ferrari」
明日の天気をディスプレイで表示「Tomorrow Is Another Day」
必要な分だけ引っ張り出して使えるカーペットベンチ「KARPETT for TARKETT」
まるで本物の木の枝のようなブックシェルフ「BILBAO」
posted by admin at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。