2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年11月29日

一人で○×ゲームができる本「Automatic Tic-Tac-Toe Playing Book」

子どもの頃、机やノートの隅で楽しんだ○×ゲーム。紙と鉛筆があれば誰でも楽しめますが、肝心の相手がいなければゲームを始めることができません。そんな中今回紹介するのは、○×ゲームの対戦相手になってくれる本「Automatic Tic-Tac-Toe Playing Book」です。

automatic_01.jpg

人工知能によって計算し尽くされた対戦構造が一冊にまとめられており、一人で何度でもプレイすることができます。

詳しくは以下

通常空白になっている升目にページ数が表記されており、自分が選んだ升目のページを次々と辿ることで、ゲームが進行します。従来のゲームルールと同じく自分の列を揃えることができれば勝利となりますが、人工知能が考え出した対戦に勝つのは至難の技。ついつい何度もページをめくり、熱中してしまいそう。

さまざまな喧噪を忘れて熱中することで、今までにない新たな発想やアイデアを思いつくこともできるのではないでしょうか。また、子どもへのクリスマスプレゼントにもぴったり。デジタルゲームにはない、高い想像力を身につけられるかもしれませんね。

ThinkGeek :: Tic Tac Tome: Automatic Tic-Tac-Toe Playing Book

関連記事
ピクセルアートを自宅で手軽に「Stickaz」
塗るだけで壁をホワイトボードにできるペンキ「IdeaPaint」
丸太のようなデザインの枕「Long Cotton Wood Tree Log Bolster Pillow」
残量の少ない電池を有効活用できる時計「Eco-Clock」
ファーストフードのお供に「Burger Coasters」
posted by admin at 19:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/237753555
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック