2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年12月17日

引く・押すが認識しやすいドア用取っ手「Arrow - Door Handle」

デパートやビルの入り口などにある大きなガラス製の扉は、見た目だけでは引いて開けるのか、押して開けるのか、注意書きがなければ分かりにくい時もあるかと思います。今回はそんな状況を解消できるアイデア商品「Arrow - Door Handle」を紹介したいと思います。

pushpull01.jpg

扉についている取っ手の形が矢印になっているので、どちらに動かせば開けることができるのかが非常に認識しやすくなります。

詳しくは以下

pushpull02.jpg

多くの人が一度は経験した事があるであろう、扉開閉向きに対する一瞬の迷いが一気に解消できる、さりげないながらも画期的なアイデアだと思います。デザイン性を損なうことなくガラスの扉につけることができるので、見た目を重視したい建築物に最適です。

コンセプトモデルなので、現在実用化はされていませんが、もし実際に製品化された際には重宝されるアイテムではないでしょうか。もしかしたら街に出た時に、扉の取っ手が矢印になっているのを見かける日がくるかもしれませんね。

Arrow – Door Handle by Eun Ah Kim, Jinhyuk Rho & Maria Rho ≫ Yanko Design

関連記事
ボールペン製作と共に生まれた真ちゅう線のブローチ「輪-wa- about50」
スーパーマリオのエリアマップを思わせる世界地図Tシャツ「The Plumber's Empire」
タッチパッドをテンキーに変えるフィルム「Number Pad Film」
posted by admin at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック