2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年12月18日

遊べるプロジェクションマッピング「Playable Pinball Machine Projection」

海外ではプロモーションとしてよく利用されるプロジェクションマッピング。プロジェクションマッピングとは建物などの立体物をプロジェクターで照らして、その表面を変化させみせるという手法で、ビル全体をスクリーンとして行われていたり、車の外装部分をスクリーンにしたりと様々な手法がありますが、今日はそんなプロジェクションマッピングに遊べるという要素を足した「Playable Pinball Machine Projection」

scprojection.jpg

こちらは建物上に、ピンボールの画面を映し出し、建物の下に設置されたコントローラーで実際に遊べるというものです。プレイされている動画がYouTubeに公開されていましたので、下記からご覧ください。

動画は以下から



こちらはUrban Flipperというフランスで行われた照明デザインのフィスティバルに併せてを製作されたものということです。

画面だけではなく、プレイ音も併せて再生され、ピンボールがリアルに再現されています。建物をまるごと使ったプロジェクションマッピングゲーム、国内ではなかなか難しそうですが、素晴らしい試みだと思います。

Urban Flipper: Playable Pinball Machine Projection | HypeDot

関連記事
スマートフォンを有効活用したインタラクティブな広告プロモーション「MURAT PARIS: An interactive press advertisement for fashionista geekettes」
プレゼントと一緒に声のメッセージを届ける デパートのクリスマスキャンペーン「Give a Little Magic with Santa Tags」
ラージコーヒーの大きさを雄大な世界で表現する「McDonald's: Large Coffee」
じゃがいもを投入するとポテトチップスが完成する 自動販売機を使ったプロモーション「Lay's Machine」
一瞬の美しさを捉えた「Canon Pixma: Bringing colour to life」
posted by admin at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広告/PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック