2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2011年12月28日

さまざまなキャラクターを食器やカトラリーで表現した「Lunch Garden」

私達が毎日当たり前のように使用している食器には、さまざまな形のものが存在しています。基本食事をとるために利用されることがほとんどだと思いますが、今回は、食器やカトラリーを並べ、アート作品として展開した「Lunch Garden」を紹介したいと思います。

lunch_01.jpg

ベルギーの首都ブリュッセルで活動を行うフォトグラファ・Jean-Francois De Witte氏による作品で、動物などさまざまなキャラクターが可愛らしく表現されています。

詳しくは以下

lunch_02.jpg

lunch_03.jpg

白い皿を基調に、シルバーのカトラリーやガラスのコップなどを配置し、トナカイやコックさん、魚など、いろんなテーマでそれぞれの世界観が表現されています。食事に利用している食器からは想像できない、発想力の豊かさを感じられますね。

素材はシンプルでも、アイデアを活かし組み合わせることで、個性溢れる作品が生み出されるということを強く感じさせてくれる作品だと思います。今回紹介したものの他にも、氏自身のWEBサイトでたくさんの作品が公開されていますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

Dishes – Jean-Francois De Witte ≪ Whitezine | Design Graphic & Photography Inspirations
Jean-Francois De Witte

関連記事
カードに残った運賃をチャリティーで寄付できるサービス「MetroChange」
辞典を削って作るランドスケープ「Extraordinary Carved Out Book Landscapes」
ボタンで作る立体彫刻作品「The Buttoned Down Objects of Augusto Esquivel」
世界観溢れる映像を創りあげるコラボレーションユニット「Sunday / Paper」
1920〜1930年代の日本のグラフィックデザイン集「Japanese Graphic Design fromo the 1920s-30s」
posted by admin at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック