2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年01月06日

プラスチックのチューブや藁で作られたオブジェ

アート作品の制作には、さまざまな素材が使用されており、時には思いもよらない素材に驚くこともあるかと思います。そんな中今回は、プラスチックのチューブや藁で作られたオブジェ作品を紹介したいと思います。

wara01.jpg

アーティスト・SangSik Hong氏による作品で、人間の唇や目、また風景などが、陰影や凹凸具合のみで再現されています。

詳しくは以下

wara02.jpg

作品はそれぞれ、非常に豊かな表情を持っており、無機質で静的な素材で作られているにもかかわらず、どこか動きを感じさせるような、不思議な質感が特徴です。作品自体が、人の背丈を超える程非常に大きく、強い迫力とインパクトで人の心に響く、個性溢れるオブジェではないでしょうか。

今回写真で掲載したものの他にも、さまざまなバリエーションで展開。モチーフとなっているテーマも、ハイヒールやチェアなど、人間のパーツ以外でも制作されています。気になる方は以下サイトにて紹介されていますので、是非チェックしてみてください。

SangSik Hong | iGNANT
Sang Sik Hong fine art sculpture

関連記事
本からたくさんの蝶が羽ばたく「Book Of Life」
氷で作られたタイポグラフィ「ICE TYPOGRAPHY-Winter」
ロサンゼルスをスノーグローブに閉じ込めたタイムラプス「Snow Globe Los Angeles」
天地左右が入れ替わった不思議な世界を表現したフォトギャラリー


posted by admin at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。