2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年01月08日

Macbookシリーズを楽器に変えるソフトウェア「SmackTop」

世界には色々な楽器がありますが、今日紹介するのは手持ちのMacbookを楽器に変えるソフトウェア「SmackTop」です。こちらは、MacBookシリーズに搭載されているモーションセンサーを利用してMACBOOKの動きや振動などを読み取り、音を鳴らすというものになっています。まずは動画をご覧ください。

all in all from Altitude Sickness on Vimeo.



現在はバージョンアップも加えられ、0.3として公開されています。最新のバージョンを利用して
実際演奏されている動画もvimeoに公開されていましたので、下記からご覧ください。

動画は以下から

SmackTop is back! from Altitude Sickness on Vimeo.



こちらのソフトウェアは無料で公開されていて、smacktop - The MIDI Controller You Already Own - Google Project Hostingからダウンロードすることが可能です。

色々な使い方ができる、ソフトウェア。かなり昔から開発自体はされているみたいです。海外では実際にSmackTopを利用して楽曲を発表しているアーティストもいるようです。可能性が広がりそうな素晴らしいソフトウェアだと思います。

SmackTop is back! on Vimeo

関連記事
位置情報を加えて、地図をアート作品にする版アート「YOU ARE HERE」
5人で一つのギターを共有して全パートを表現するバンドが凄い「Somebody That I Used to Know」
フルーツの断面を油絵でリアルに表現した「Fruit and Flowers Paintings」
本物を思わせる景色を再現したフェイクアート「Fake Holidays」
プラスチックのチューブや藁で作られたオブジェ
posted by admin at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック