2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年01月09日

高さ100,000フィートからの落下にも耐えるipadケース「Extreme Sleeve」の実証実験

国内でも展開され、多くの人がタッチパネルデバイスと利用しているipad。それだけに周辺用品は非常に多くリリースされており、ipadを守るためのケースも非常に多くのメーカーが参入していて各社様々な工夫や特長をだしていますが、今日紹介するのは耐衝撃に優れたipadケースの実証実験を紹介したいと思います。

g-form-extreme-edge-ipad-case-edge-of-space.jpg

こちらはケースを付けた状態のipadを風船に付けおよそ、高さ100,000フィート、成層圏まで上昇させ、そこから落下してipadが動くかどうかを実験しています。実際に実験した動画が、YouTubeに公開されていましたので下記からご覧ください。

動画は以下から



かなり激しく落下していますが、見事にipadが動いています。こちらはG-FORMというメーカーがリリースしている「Extreme Sleeve」というケースで実際に販売されています。お値段は59.95ドルという普通のケースに比べるとかなり高めですが、その衝撃吸収性は上記動画からもわかるように、かなり優れているみたいです。

実験は今回が初めてでは無いらしく、下記のような実験もしております。興味のある方は下記の動画もどうぞ。





G-Form | Extreme Sleeveトレードマーク(TM) for iPad


関連記事
本に体が挟まれた姿がブックマークに「My Bookmark」
ディスプレイの前がモノで埋もれてしまう人へ「LCD Monitor Hub Station」
iPadケースにもスタンドにもなる「Smart Stand Sleeve」
iPhone4/4S が素敵なクラシックカメラに早変わりするケース「GIZMON iCA」
ちょっとしたおもてなしの心をカップに添えて「Mini Cup Carry-All」


posted by admin at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gadget/Product
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。