2007年から2013年までの期間、およそ10,000件のデザインの記事をアップしたブログのアーカイブ。現在はhttp://designwork-s.netで更新中。
2012年01月22日

光に姿を変えた電車を写し出したフォトギャラリー「Trains」

毎日の通勤・通学で電車を利用されている方はとても多いかと思います。今回はそんな電車をテーマに、姿形は見えませんが、そこにまるで電車が存在しているかのような錯覚を覚えさせてくれるフォト作品「Trains」を紹介したいと思います。

train01.jpg

サンフランシスコを拠点に活動を行うアーティスト・Aaron Durand's氏が手がける作品で、電車が光の速さで走る姿を日常の中に写しだしています。

詳しくは以下

train02.jpg

train03.jpg

走る電車を長時間露光で撮影することで生まれるどこか近未来的なビジュアルで、角度や背景の色合いなどによって作品の表情が変化しているのも見所のひとつ。撮影されているのは夕暮れや夜に差し掛かる薄暗い時間帯ということもあり、より幻想的な雰囲気に仕上がっています。

普段の電車の姿からは想像もできない、カメラの技術と作家の発想力により誕生した見応えのある作品だと思います。今回紹介した写真以外にも公式サイトにて別のバージョンが紹介されていますので、気になる方は是非。

aaron durand | everydaydude | san francisco, ca
Electrifying Streaking Trains - My Modern Metropolis

関連記事
気泡の中に浮かび上がる絵画作品
ボーンチャイナの中の絵画が動き出す ARを利用したiPhoneアプリ「English Hedgerow Plate」
スパイダーマン気分を体感できるプロジェクト「A Giant Mirrored Building」
切手の風景の続きが描かれたアート「Beyond the Borders of Postage Stamps」
posted by admin at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creative
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック